ビジネス拠点としての京都1 – 伝統産業と先端産業の集積・立地

伝統産業と先端産業の集積・立地

大学と伝統産業が持つ技術、人材の蓄積とが結びついて発展してきた研究開発型企業が多数立地し、電子部品や計測機器をはじめとする国内外の市場で、高いシェアを誇っています。

  • 京セラ

    ベンチャーから世界の優良企業へ。通信情報機器のリーディングカンパニー

  • オムロン

    制御機器、電子部品の大手メーカー

  • 日本電産

    精密小型モーターで世界のトップメーカー

  • 堀場製作所

    分析測定機器で世界展開

  • 任天堂

    玩具企業から世界的ゲームメーカーへ

  • 島津製作所

    分析・計測機器、医療機器などの老舗メーカー

  • ワコール

    女性下着を中心とするインナーウェアのリーディングカンパニー

  • ローム

    集積回路、半導体素子などの電子メーカー

例えば、茶道文化を支えた京都の焼き物技術とその革新性は、コンデンサーなどの電子部品のほか、電子工業用セラミックスや生活に身近な包丁や装飾品などのファインセラミック製品として、また、西陣織の刺繍に欠かせない金銀糸の製造技術は、タッチパネル用電導性フィルムなどの高機能製品へと応用され、今や様々な産業に欠かせないものとなっています。

Innovation 伝統産業から最先端産業へ